So-net無料ブログ作成
検索選択

鍋倉山でおさらい山スキー [スキー]

鍋倉山で今季のおさらい山スキーを楽しみました。

3月以来毎週のように同行頂きご指導いただいた、こばさんから誘いを受けて今季2度目の鍋倉山でバックカントリースキーを楽しんできました。

春スキーはこれからが本番と云うところですが、私的には芽吹きの始まったグリーンのお山への思いも強くなり、板納めには少し早いですが今季の上達ぶりを確認のためのおさらい山スキーです。

IMG_6538.JPG


こばさんの動画をお借りしました。
恥ずかしい滑りですがこばさんがうまく編集してくれた動画です。ここをクリック


温井の鍋倉山入山口付近はすっかり雪も解けて田んぼの残雪処理の重機やダンプが忙しく動き回っていました。林道の除雪もすすんでいましたがまだ通行規制中です。
田茂木池の水面を見せていました。
春モードの支度で来ましたが途中の個人山小屋まで来ると汗びっしょりです。
しかし鍋倉山にはまだまだびっしりと雪が付いていました。
IMG_6536.JPG


こばさんが今日はウロコ板を履いてきましたので西の沢を登ることになりました。
私には初めてのハイクアップコースです。
ブナ林に入りトラバース気味に高度を稼いでゆきます。
IMG_6537.JPG


シールを天日乾燥したために右足にはいたスキーの糊りの粘着力が落ちて、ブナ林の中でシールが使用できなくなってしまい、往生しました。クトーをつけて一歩一歩踏みしめながら山頂を目指しますが、何回か滑ってその為に力が入って少々疲労気味です。
温井から3時間もかかってなんとか山頂にたどり着きました。足は筋肉痛と大量発汗による脱水症状気味でけいれんを起こしていました。またまたこばさんいご迷惑をかけてしまいました。
でも「色々なことを経験しながら、少しずつバックカントリースキーの神髄を極めて行けるのだ」と、ポジティブに考えています。

横浜から来たという父娘パーテイと山頂から少し下ってランチ休憩です。

IMG_6540.JPG


ランチ休憩の後は山頂から少し下って西の沢に滑降しました。

こばさんの模範滑降です。ここをクリック
動画もまだまだ勉強中でよいものが取れなくてすみません。


西の沢からトラバースして大きく開けたバーンを滑降しました。
そして台地に下り登りに使ったトレースを追い気味に下りました。


林道付近まで下り一息入れ暑さのために上着を脱ぎます。
IMG_6545.JPG



入山口に下るとランチ休憩を共にした横浜の父娘チームがツーショットに応じてくれました。
遠路はるばる山スキーを楽しみに来てくれる皆さんにはうれしい限りですね。
IMG_6547.JPG


すっかり初夏の陽気の中、スキー支度を脱いで中野市にある長峰温泉で汗と疲れを落としました。
今季はこれから先乗鞍岳と湯殿山を予定しています。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

こば

お疲れ様でした。
平日の出撃に同行して頂けるnagaiさんは有り難い存在です。
信州の山で鍛えたBCを東北の山でも遺憾なく発揮して下さい。
by こば (2013-04-17 10:52) 

kamoshikanagai

こばさん
昨日は本当にありがとうございました。
今朝は両脚の付け根が熱を帯びていて少々歩きづらいです。
やはりシールの不調による体力消耗があったようです。
早速接着剤を塗布しメンテナンスをしておきました。
いろいろと試行錯誤しながらバックカントリイ爺としてステータスを高めてゆきたいと思っています。
またよろしくお願いします。
by kamoshikanagai (2013-04-17 13:47) 

雪太郎

動画拝見しました。
木立の中を滑るって、いいですね。
作られた雪のゲレンデとは違うんだろうなぁ。

by 雪太郎 (2013-04-17 17:14) 

kamoshikanagai

雪太郎さん
>木立の中を滑るって
これがまた自然の中を滑るという、バックカントリースキーの醍醐味なんですよ。
ツリーランと云って本当に気分が良いです。
まあ雪国に住む者の特権ですが・・・。
by kamoshikanagai (2013-04-17 20:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。