So-net無料ブログ作成

今年も乗鞍岳大滑降です [スキー]

今季の滑り納めは昨年味を占めた乗鞍岳大滑降です。

(1週間前の5月14日の記録です。)

昨年は単独で恐る恐る滑り降りた乗鞍岳の山頂からの大斜面を、今季は4人の山スキー仲間と堂々と自信を持って滑降できました。

同行のメンバーと乗鞍岳山頂で記念の一枚です。
IMG_6616.JPG


今季から乗鞍岳春山スキーバスは一日4便になり、始発も昨年より30分早くなりました。
山スキーブームで火曜日の始発バスは満員の盛況です。

位ヶ原山荘から勝手知ったるSugiさんが最短コースを選んでハイクアップし、位ヶ原に登りあげるころには先行グループを捉えました。
今日の中年グループは最強メンバーです。
nabeさん・Sugiさん・yajimさん
IMG_6599.JPG


そして後に続くは30歳代の若者tsutaka君です。
彼はこれが本格的山スキーのデビューです。
先輩に遅れながらも黙々とついてきます。
昨日は蝶が岳を日帰り登山してきたと云う猛者です。
IMG_6601.JPG


肩の小屋方面に回り込み夏道コースを選んで最後の登行です。
天気も上々気合を入れなおしました。
IMG_6607.JPG


途中でクトーを装着し、位ヶ原山荘から3時間ほどかけて蚕玉岳に登りあげ、スキーを脱いで山頂に立ちました。後方には大日岳そして御嶽山も霞がちながらよく見えます。
IMG_6613.JPG


余裕のシール登行で記念写真です。
IMG_6616.JPG


稜線上は少し風があるので大滑降の後、ランチにすることになりました。
蚕玉岳と剣が峰の間の大雪渓を滑降です。
nabeさん・yajimaさん滑降前です。
IMG_6622.JPG


私も一瞬躊躇しましたが先行のメンバーの後を追いました。
途中でSugiさんが動画撮影してくれていましたが、2度ほど転倒しながらも滑落することもなく、すぐ体制を整えて大滑降を楽しみました。
デビュー戦のtsutaka君は大分苦戦して滑降(?)してきました。
滑降した大斜面を振り返ります。
IMG_6623.JPG


nabeさんも会心の滑りに大満足です。
IMG_6625.JPG


悪戦苦闘のtsutaka君をサポートしながらSugiさんも下ってきて、ランチタイムです。
IMG_6630.JPG


午後になり少し雲が広がり始めた乗鞍岳を後にします。
来年もまたここで板納めできるように体調管理とスキー技術向上に努めたいものです。
IMG_6632.JPG


今日のリーダーSugiさんも少々お疲れモードです。
IMG_6634.JPG



位ヶ原を後にしてツアーコースを流して下ります。
IMG_6636.JPG


樹林帯に入り・・・。
IMG_6637.JPG


乗鞍スキー場カモシカゲレンデまで下ってきました。
ツアーコースを振り返ります。
IMG_6639.JPG


舗装道路を50mほど歩いて、最後はゲレンデに残った雪を拾いながら三本滝に下りました。
IMG_6640.JPG



長距離遠征のnabeさんyajimaさんは糸足先に滑り降りていて車で三本滝を後にする時でした。

駐車場所で着衣を着替えている頃にSugiさん・tsutak君が下ってきました。


今年も乗鞍岳大滑降で板納めできたことで大満足です。

私的には2月の東京マラソンが終わってからの短いバックカントリーシーズンでしたが、こばさんに特訓を受けながら少しは上達が実感できたシーズンだったと思っています。


先鋭的なところやパウダーシーズンは私には道具も技術も無理だと自覚しています。
あるもので満足してバックカントリースキーを楽しみたいと思っています。
「ムスコと二人転ばないでゲレンデスキーを楽しむ」という原点も大切にしたいですね。

「来年もまたその次の年も乗鞍岳大滑降が楽しめればような~」と思いつつ、同行頂いたSugiさんにお礼を言って乗鞍高原を後にしました。

琵琶湖湖畔でOB会があるのでスキーを車に積んだままです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。