So-net無料ブログ作成

「丸川峠風のコンサート」楽しみました [登山]

大菩薩丸川峠にある丸川荘で行われた風のコンサートに行ってきました。
山を愛する山女・山男が30名ほど集い、シンガーソングライター橋本良春さんのギターの弾き語り、地元山梨のアマチュア吹奏楽器の演奏、そして参加者の飛び入り芸など盛りだくさんの企画で満月の秋の一夜を楽しんできました。
IMG_5718.JPG


山女・山男も一緒に口ずさみながら演奏を楽しみました。
IMG_5720.JPG


たまにはこんな癒される企画に参加するのも良いですね。




9月1日は満月の夜ですが、残念ながら昼過ぎから降り始めた雨は夜まで降り続きました。
コンサートは丸川荘の小屋前の予定でしたが、小屋の中でのコンサートとなりました。
IMG_5732.JPG


IMG_5730.JPG


新内を披露する予定の山友山画新内(蕎麦)太夫さんに、のっぴきならない用事ができてしまい、急遽出演取り止めは寂しいばかりでしたが、懇意にしていただいている山梨の山友の皆さん6人が参加するとなれば、何が何でも行かねばならないと、丸川峠に近い柳沢峠に車を付けて2時間の縦走路を半分くらいは走って1時間半ほどで午後4時半頃丸川荘に着きました。それでも縦走中は大した雨でなく傘差して歩いたのでそれほど濡れることもありませんでした。


参加者の自己紹介が始まる時間でした。


その後1時間ほど夕食タイムを取り、コンサートの始まりです。


山小屋の管理人只木さんです。
IMG_5712.JPG


コンサートの主役橋本さんご夫妻です。
八ヶ岳のオーレン小屋・北アルプスの船窪小屋など、あちらこちらの山小屋でギターの弾き語りをしているそうです。110曲を超える山小屋讃歌を作詞・作曲しているシンガーソングライターで、立川で居酒屋を営んでいます。小屋のオーナー只木さんとは長年のお付き合いをしているそうです。
IMG_5707.JPG



最初は参加者による飛び入り芸の発表会です。
山梨の山友Aさんも達者なオカリナ演奏で満座を沸かせてくれました。
IMG_5711.JPG



オーナーの親戚筋の方も宮城県から参加していて、これまた達者な民謡を披露してくれます。
IMG_5713.JPG



この方はオーナーのお兄さんです。矢張り民謡を聴かせてくれました。
IMG_5714.JPG


そしてこの女性はマジックで沸かせます。
IMG_5715.JPG


オーナーもかくし芸を見せてくれました。
IMG_5725.JPG



(私も出番があるのではと「山小屋の灯」の歌詞を持って行き、山梨の女性メンバーの方と一緒に合唱しました。)



地元アマチュアバンドの吹奏楽器演奏です。
IMG_5718.JPG



リーダー格の高木さんはいろいろな楽器を使い分けて演奏してくれました。
IMG_5721.JPG



そして真打橋本さんの出番です。
橋本さんはギターばかりでなくオカリナも吹奏も披露してくれました。
IMG_5722.JPG



参加者のリクエストに応えながら1時間以上の演奏です。


21時過ぎにお開きとなり、部屋は就寝の準備です。
大概の方は寝袋持参です。


その間は食堂で待機です。
ランプの灯りが優しいですね。
IMG_5726.JPG



歌い足りないお客さんは雨上がりの小屋前で橋本さんと熱唱です。
IMG_5728.JPG


こんな若いカップルも参加していました。
私が参加者の中では最長老だったかもしれませんが、気持ちは若いものとかわりませんよ。
IMG_5731.JPG



丸川峠は標高2000m近くありますので夜の冷え込みもあり、私は早々に引きあげ寝袋に潜り込みました。


翌朝(今朝)、6時には起きてまだ皆さん就寝中でしたが柳沢峠に戻り、帰宅しました。


山画新内(蕎麦)太夫さんに会えなかったのはとても残念でしたが、山梨の山友と1年ぶりの再会を果たし、親交を深めることができたうえ、今までの私にはなかった楽しみもあって有意義な「丸川峠風のコンサート」でした。


晩秋恒例の富士山見ながらの陽だまりハイクには、今年も山画新内(蕎麦)太夫さんをお誘いして楽しむことも約束してきました。


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 6

山画新内(蕎麦)太夫

家庭内の事情で急遽不参加となり申し訳御座いませんでした。
丸川荘のオヤジさんからも今日メール頂戴しました。
秋の陽だまりハイク迄に落ち着けばと願っています。
by 山画新内(蕎麦)太夫 (2012-09-03 20:19) 

kamoshikanagai

山画新内(蕎麦)太夫さん
不参加の件はあまり気になさらないでください。
山梨の皆さんそして私も本当に楽しく有意義な時間を過ごしてきました。
晩秋の富士山見ながらの陽だまりハイクのころには全てが順調に推移しておられることを心から期待しています。
by kamoshikanagai (2012-09-04 06:19) 

山子路爺

昔はテントや小屋で山の歌を歌ったもんですが、最近は聞くことが無くなったような気がしますね。

by 山子路爺 (2012-09-04 13:14) 

kamoshikanagai

山子路爺さん
コメントありがとうございます。
丸川荘のオヤジさんは宮城県の出身だそうです。
珈琲にこだわりを持っていますので、お出かけの際はお寄りになって是非一杯飲んできてください。
きっとお話も弾むことと思います。

今はやはり世知辛い世の中になってしまいましたね。
山小屋でも消灯時間が過ぎると私語も注意されますよね。

テント場でも少し遅くなると「静かにしてください」と云う声が飛びます。

山のテント場に寝るために来たのではないですよね。
街の喧騒から逃れてきたのにね~。
by kamoshikanagai (2012-09-04 14:02) 

ひろたん

過去に白馬でコンサートを聴いて以来
さっぱりです
最近、少なくなりましたか・・・
これがあると楽しみですよね

つい朝早いのに忘れてしまいますよね
消灯もあるしね^^;
by ひろたん (2012-09-05 07:26) 

kamoshikanagai

ひろたんさん
山小屋とコンサートはあちこちで企画されていますよね。
枯沢や燕山荘なども有名です。丸川峠は素人の手作り感があってよいです。
小屋のオヤジさんは東北人ですから朴訥さも良いですね。
でも関西からだと少し遠すぎますね。
by kamoshikanagai (2012-09-05 11:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。